材質によって料金が変わってきます

黒水牛イメージ

はんこを買おう!材質はこれが良い!この材質でつくってもらって・・・。
と、注文をするその前に!

はんこだって当然無料ではありません。しかも材質によって料金が変わってきます。
中には当然高級感溢れる品質で値段も高級というものも当然沢山ありますので、お財布とはキチンと相談をして最終的に決めるようにしましょう。
と、言うわけでオーソドックスな印材で同じくらいの規格のはんこを作った時の大体の値段です。
実印として考えてという事にしてみます。
まず象牙、象牙の中でも品質があるので変動がありますが大体23000円~34000円程のようです。
うーん、高級。

次は牛角。牛角は色によって値段が変わり色が白い牛角の方が値段が高い様子です。11000円から18000円。
なかなかの値段です。
続いて黒水牛。黒一色のシンプルな材質なので特に色による変動はなく大体が1万円前後となるようです。
ちなみに印材の色が黒字を連想させる為縁起が良いとも言われているらしいです。
値段からしても一番スタンダードな実印向き印材と思われます。

続いて柘お値段お手ごろ5000円~6000円といった所ですが前述の印材よりは耐久性等が落ちる為保管と手入れには注意が必要になります。

最後は彩樺、アグニ同様合板となり、値段は天然木の通常柘よりあがって8000円程になりますが耐久性の面が大幅に改善されています。
ですのでお財布の中身も考えて購入という事であれば黒水牛、彩樺あたりの印材が最初に購入する印材としてはふさわしいのではないでしょうか?

ページの先頭へ